仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

歯の豆知識

根っこが残っていれば、 いろんなメリットがあります。 残っている根っこが充分に長ければ 土台を入れて差し歯にできます。 たとえ、短い根っこしか残っていなかったとしても 場合によっては根面板として残すこともできます。

ブラケット装置の溝にワイヤーをはめて 細いワイヤーやゴムなどで縛って固定すると、 歯が移動するときに摩擦が生じます。 この摩擦を少なくするために様々な製品が出ています。 基本的にはブラケットの溝にフタをするという仕組みで […]

ブラケット装置は3次元的な歯の移動を可能にする装置です。 具体的には、傾いている歯の傾斜を修正するねじれている歯を修正する根っこの傾きを修正するなどがあります。 ねじれている歯の修正はマウスピース系の矯正装置では不得意な […]

ワイヤーの形も断面が丸や長方形など様々あります。四角いワイヤーを使うとブラケットの溝を中心として回転するような力を歯に加えることができます。 ワイヤーの材質も色々あり、ステンレススチールやニッケルチタンなど物性に違いがあ […]

矯正装置にはいろいろな種類がありますが、最も一般的な装置といえばブラケット装置だと思います。 ブラケット装置は多くは四角い形をしている小さな装置で、歯一本一本に接着して使います。 ブラケットの溝にワイヤーを通すことでワイ […]

レントゲンで写っている歯の根っこの先端を解剖学的根尖孔と言います。この解剖学的根尖孔から1mmくらいの範囲内に生理学的根尖孔があると言われています。根っこの治療を行う際、電気的な抵抗値を計ったり(EMR)レントゲンで試し […]

根っこの治療を行い、根の中に通っている神経が入っている管がキレイになったら、ガッタパーチャというゴムのような物を詰めます。 ガッタパーチャの先端をどの位置にするか、、、それを決める拠り所となるのは「生理学的根尖孔」です。 […]

根っこの治療は、神経の入っている管を無菌状態(それに近い状態)にしてガッタパーチャというゴムのような材質のもので緊密に閉鎖する治療です。 何回も消毒を繰り返し行いますし、見た目に変化のないので治療がもどかしく感じる方もい […]

前回、内側は舌、外側はほっぺたに押されてバランスの取れた位置に歯が並ぶと説明しました。 実は、歯が抜けたまま放置しておくと抜けて出来た隙間に隣の歯が倒れ込んでしまいます。咬み合わさっていた歯も隙間に向かってのびてきます。 […]

歯の並ぶ位置はある程度決まっています。 内側は舌から押されて外側は頬から押されて 2つの圧力の均衡が取れた位置に歯が並ぶのです。 指しゃぶりなどを長い時間やっていると当然、歯並びに影響を及ぼします。

インドアビュー