仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

歯の豆知識

Tooth Contacting Habit略してTCHといいます。 「歯が接触する癖」という意味です。 通常、人は食事のときに咬んだりする場合以外は歯は接触していないのが正常です。機能していないときにも歯を接触させてし […]

舌の付け根にすじみたいものがあります。舌小帯と呼ばれるものです。 この小帯が短いと舌の動きが悪くなってしまいます。舌を口蓋につけようとしても届かない場合や舌の先端が凹んでハート型になる場合は舌小帯が短い可能性があります。 […]

左右の中切歯の間に隙間がある状態を正中離開といいます。 主な原因は上唇小帯のくっついている位置に問題があったり 過剰な歯が正中に埋まっていたりすることがあります。 また、前歯が先天性に欠如している場合も 隙間ができること […]

歯冠歯根比は 骨から出ている部分と 骨に埋まっている根っこの長さの比率です。 歯冠歯根比=頭の部分:根っこの部分 骨に埋まっている部分が少ないと 当然噛み合わせの力を支える能力は乏しいと考えられます。 通常は1:2くらい […]

根っこしか残っていない状態でも 場合によっては被せ物ができることがあります。 指標の一つとして歯冠歯根比があります。 歯を支えている骨から出ている部分と 歯を支えている骨に埋まっている根っこの長さ の比率です。

根面板として短い根っこを残すメリットは 入れ歯が沈み込むのを防いでくれたり、 根っこが残っていれば咬んだときに その感触を味わうことができます。 デメリットとしては、入れ歯の下になるので 不潔になりやすいところが欠点でし […]

根っこが残っていれば、 いろんなメリットがあります。 残っている根っこが充分に長ければ 土台を入れて差し歯にできます。 たとえ、短い根っこしか残っていなかったとしても 場合によっては根面板として残すこともできます。

ブラケット装置の溝にワイヤーをはめて 細いワイヤーやゴムなどで縛って固定すると、 歯が移動するときに摩擦が生じます。 この摩擦を少なくするために様々な製品が出ています。 基本的にはブラケットの溝にフタをするという仕組みで […]

ブラケット装置は3次元的な歯の移動を可能にする装置です。 具体的には、傾いている歯の傾斜を修正するねじれている歯を修正する根っこの傾きを修正するなどがあります。 ねじれている歯の修正はマウスピース系の矯正装置では不得意な […]

ワイヤーの形も断面が丸や長方形など様々あります。四角いワイヤーを使うとブラケットの溝を中心として回転するような力を歯に加えることができます。 ワイヤーの材質も色々あり、ステンレススチールやニッケルチタンなど物性に違いがあ […]

インドアビュー