仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

知覚過敏について

こんにちは。
 
仙台つつじがおか歯科の院長の脇川です。

先ほどは小児の乳歯についてのまめ知識を説明せせてもらいましたが
今回は大人の永久歯について問い合わせが多い質問にこたえていこうと思います。

最近来院される患者さんの中でも
冷たいものがしみる
歯と歯茎の間に段差ができてきた
歯ブラシをしたときキーンとなる
歯の一部分が欠けた
などの症状が多くみられます。

共通して知覚過敏が原因の一つとしてあげられることが多いです。

では知覚過敏とは一体何なのかについて説明していこうとおもいます。

知覚過敏とは歯の表面に存在するエナメル質が様々な原因で削れる事で
象牙質に刺激がつたわりしみる症状をひきおこします。

原因としてあげられるのが
1、ブラッシング
硬い歯ブラシおよび歯磨き粉に含まれる研磨剤で力を入れすぎて磨く事によりエナメル質が削れ
知覚過敏をひきおこすことがあります。
この場合硬い歯ブラシを柔らかい歯ブラシに変更しさらに歯磨き粉も知覚過敏用に変更することにより
改善ははかれると思います。
さらにかかりつけ医および衛生士からの正しい歯みがきについて指導をうけることをおすすめします。

2、歯ぎしり、食いしばり
日常生活において無意識に歯に強い力がかかり続けるとエナメル質が削れ知覚過敏をひきおこすことがあります。
この場合は噛み合わせを調整して均等に歯があたるようにすることに加え
主に就寝時におこなわれている歯ぎしりを予防するマウスピースを作ることで改善ははかれると思います。

3、歯周病
加齢などで口腔内にみられる所見の一つに歯茎がやせることにより歯の根に一部分が露出して知覚過敏を
ひきおこすことがあります。
この場合は歯茎が今以上にやせないようにかかりつけ医で歯周病の治療をうけることで改善ははかれると思います。

4、酸
食べ物、飲み物の中にふくまれる酸により歯が脱灰することにより知覚過敏をひきおこすことがあります。
代表されるものにコーラやサイダーなどの炭酸飲料、ビールやワインなどのアルコール類、柑橘系の果物などがあげられます。
この場合はなるべく長期間お口の中が酸性にならないようにうがいおよび唾液を積極的にだすことにより改善ははかれると思います。

そのほか原因は様々ありますが今のご自身がどれにあたるのかは一度口腔内をみてからの判断になることとおもいますので前述した内容に思い当たる症状があるかたは一度問い合わせをしていただければと思います。

インドアビュー