仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

プラスチックのつめもの

みなさん、こんにちは。仙台市宮城野区仙台つつじがおか歯科の藤原です。
みなさんは自分の口の中に詰め物がいくつ入ってるか知っていますか??結構前に詰めたりしていると忘れてしまってどこをどう治療したのか分からないですよね。
私が最後に虫歯の治療をしたのは高校生の時だったのですが、今となってはどこを詰めたのか定かではありません。ただ銀歯は入っていないので全てプラスチックの材料で詰められています。このプラスチックの材料は歯科用語でいうとCR(コンポジットレジン)と言います。検診で先生がCRと言ってるのはプラスチックの材料が詰められている歯のことを指しています。
虫歯がそこまで大きくない、噛み合わせの部分だけ削る場合は、プラスチックの材料で詰めるケースがあります。プラスチックの材料の良い点は、治療が一回で終わる、どこに詰めたのか見た目がわかりにくい、保険で治療が出来る。というメリットがあります。逆に悪い点は、プラスチックは吸収性があるため長年使っていると着色変色してきてしまう。強度が金属に比べると弱いため、欠けたり割れやすい。というデメリットもあります。
私は今のところ欠けたりとかはないのですが、やはり奥歯だと天然の歯と材料との境目が少し分かるようになってきました。プラスチックの材料の部分だけが着色してる場合の材料の詰め直しは出来るのでご希望のある方はご相談下さい。
虫歯の大きさによって保険だとプラスチックの材料で詰めるか金属の詰め物(いわゆる銀歯)で詰めるか、先生から治療について説明があるのですが、基本的には削る範囲が噛み合わせの面だけであれば、プラスチックの材料が適用されます。しかし、削る範囲が2面3面と歯と歯の間まで削る必要がある場合は銀歯になります。とくに銀歯でも気にならない、保険適用がご希望であれば、金属は強度があるので問題ありません。ただ、もし見た目が嫌だ。気持ち的に金属が口の中にあるのはちょっと、、という方は、保険適用ではありませんが、自費診療でセラミックの詰め物もあります。セラミックの種類、金額、保証期間については先生、もしくはスタッフより一つ一つ説明させて頂きます。または、虫歯ではなくても、銀歯が元から入っていて、ずっと見た目が気になっていた方は、銀歯からセラミックに変える方も多くいらっしゃいます。気になっている方は、一度相談してみるといいかもしれませんね(o^^o)

インドアビュー