仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

ワンちゃんのお口の中🐶

みなさんこんにちは!!

仙台つつじがおか歯科の目黒です!

3月に入り花粉症の私にとっては憂鬱な毎日が始まりました、、、笑

なんだか去年よりも多い気が…

あと1ヶ月くらいは花粉と戦いながら生活をしていかなければなりません😢

花粉症の皆さん、一緒に頑張りましょう(笑)

では、本題へ入ります❣

今日は人間ではなく、わんちゃんの歯についてお話しをしたいと思いますU^ェ^U

今まではあまり考えたことがなかったのですが、愛犬フランを飼ってからは、犬の口腔内についても興味が出てきました!

犬の歯は、生後3週間〜約2ヶ月で生え変わると言われています。

フランも赤ちゃんの頃、ポロポロと沢山乳歯が抜けていました!

定期的に口腔内を確認してグラグラしている歯をCheckし、抜けていたら部屋中を探しまくる、というのを繰り返し全部で12本GETすることが出来ました!

結構見つけられたかな〜と思っていたのですが、調べてみると犬の乳歯は28本もあるそうです!

人間の乳歯の数は20本なので、比べてみると多いですよね!

また、4ヶ月〜7、8ヶ月頃までには永久歯が生えてくるのですが永久歯の数はなんと、42本もあるそうです!

これもまた人間と比べるとかなり多いですよね!

そこで心配になってくるのが歯周病です。

そもそもわんちゃんって歯周病になるの??と思われる方もいらっしゃると思いますが、実は3歳を過ぎたわんちゃんの8割以上が歯周病になっているそうです。

歯周病になる事にも驚きますが、それ以上にわずか、3歳で歯周病になってしまうという事に驚きました!!

フランは今年の3月で3歳になるので今のうちから予防が大切になります。

赤ちゃんの頃からわんちゃん用のハブラシや歯磨き粉を買ってみたり、ハミガキシートを買ってみたり、ハミガキガムを買ってみたり、と色々試してみているのでフラン専用の歯科グッズが沢山揃いました(^^)

しっかりとハミガキをしないと、歯垢(プラーク)がどんどん溜まってしまい、早ければ3日ほどで歯石になってしまうそうです。

歯周病になってしまうと人間と同じように、口臭や歯肉の腫れ、最悪の場合歯が抜けてしまったり全身疾患のリスクにも繋がってきます。

歯石を取るためには全身麻酔をしなければいけない場合もある為わんちゃんの身体にも負担が掛かってしまいます(´・д・`)

大切なわんちゃんにも一生健康な歯で過ごしてほしいですよね٩(*´︶`*)۶

わんちゃんを飼っている方、わんちゃんのハミガキも一緒に頑張りましょう☺

インドアビュー