仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

むし歯の進行について

こんにちは。

仙台市宮城野区仙台つつじがおか歯科の院長の脇川です。

ここ数日暑い日が続いていますが皆さん体調の方はいかがですか?

こまめな水分補給などをおこないきたる夏にそなえていきたいものですね。

さて今回は来月から小学校など夏休みにはいるということで歯科検診など

この期間で治療をされるお子さんが増えてきることが予想されますのでむし歯の進行および

それに対する治療および予防について説明していこうとおもいます。

まずむし歯は

1、C1

歯の表層(エナメル質までの)むし歯

ほとんど自覚症状はなくこの時期の治療は削ってうめる治療をおこなうか

歯ブラシ指導をおこない今以上に進行するのを予防するか

選択することができます。

通常一回の治療で終了することは可能です。

2、C2

エナメル質よりも深い(象牙質までの)むし歯

冷たいもの、温かいもの、甘いものでしみるような症状がでてくるため

削ってうめるか型取りをおこない詰めものをするか

通常一回ないし二回の治療で終了することは可能です。

3、C3

歯の神経までのむし歯

激しく痛みがでることがあり何もしてなくても痛みがでたり

冷たいものが持続的にしみたり温かいもので痛みが強くなる症状がでてくるため

神経をとり歯の根の中に薬を交換および詰めたうえで土台をたて被せものをおこなう処置と

なるため通常一ケ月から二ケ月の治療期間を要します。

4、C4

歯の根までのむし歯

痛みとともに根のまわりに膿がたまることで臭いもでてきます。

抜歯をすることになることが多く歯をぬいたあとにあたらしく歯におきかわるものを

入れる治療となるため通常一ケ月から三ケ月の治療期間を要します。

このようにむし歯が進行すればするほど痛みを伴ったりそれに加え治療期間も長くなるため

少しでもお口の中に症状があるもしくは症状がでるまえの予防が非常に重要になってきます。

たとえばご自身で使っている歯ブラシおよび歯磨き粉をもってきていただければ

衛生士より適切な歯ブラシの方法およびご自身にあった歯磨き粉の推奨などを

おこなうことが可能です。

さらにむし歯があったとしても治療にかかる期間、および費用の概要などをドクターから

患者様に伝える事が可能です。

夏休みのような長期的休暇は歯の治療および予防には重要な時期になることは確かです。

何かお子さんのお口の中で気になることがあればご遠慮なくお問い合わせいただければと

おもいます。

当院ではそれにともなう親御さんのお口のことでの相談もおこなっております。

よろしくおねがいします。

インドアビュー