仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

レントゲンについて

みなさんこんにちは(^^)

仙台つつじがおか歯科の目黒です。

今日は当院で行なっている、基本的な検査、レントゲンについてお話をさせていただきます!

歯医者に行った事のある方はご存知だと思いますが、歯医者では、レントゲン写真を撮影する事があります。

『なぜレントゲン写真を撮るのだろう…?』

『口の中を覗けば分かるでしょう…?』

『痛い歯はないのにとる意味はあるの…?』

と思われる方も多いかと思います。

もちろん、お口の中を覗けば、大まかな歯の状態や、歯茎の状態は知る事ができます。しかし、お口の中を覗くだけでは、分からないことも沢山あるのです!!

そこで必要になってくるのがレントゲン写真です!!
早速、レントゲン撮影をする理由について、お話しします(^^)

①虫歯の進行度進んでいるの
➁根の先の確認

虫歯の治療というのは、虫歯がどれぐらい進んでいるのかで、削らずに予防、削ってレジンの材料で詰める治療、削って型どりをして詰めものを入れる治療、神経をとる治療、根の治療、歯を抜く治療、、、
と変わってきます。

➂親知らずの有無

親知らずは、しっかりと全部生えていればお口の中を覗いた時に確認できますが、まだ生えていない場合ですと、埋まっている可能性もあるので、レントゲン写真を撮らなければ確認することができません。また、親知らずがどの向きに生えてきているのかも、レントゲンを撮ることで確認ができます。

➃詰め物や被せ物の状態

詰め物や、被せ物の中の状態も外側からでは確認できません。
特に、既に神経をとってある歯の場合はしみる症状や、大きな痛みが出にくい為、根の先に虫歯が出来ていても、気づかないケースが多いです。気づかずに放置してしまうと、虫歯がどんどん進んでしまい、気づいた時には手遅れになっている事もあります。

➄歯を支えている骨(歯槽骨)の状態

歯周病が進んでしまうと、歯を支えている歯槽骨という骨が減ってしまいます。
この歯槽骨が減ってしまっていないか、なども確認することができます。

他にもレントゲン写真を撮影する事で、沢山の事が分かるので、レントゲンはとても重要な検査になります。

また、レントゲン撮影をする事での身体への負担の心配をしている方も少なくはないと思います。

当院では、従来のレントゲン機器に比べて放射線量が極めて低いレントゲン機器を利用しております。

また、撮影時には防護エプロンをつけることで被爆量を更に抑えております。
放射線量は微力なので、エプロンなしでも、お身体への負担は少ないのてご安心ください。

もし、ご不明な点がございましたらいつでもご相談ください(^^)

インドアビュー