仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

口の中に硬いできもの?!「骨隆起」の正体

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市宮城野区仙台つつじがおか歯科をいつもご利用いただきありがとうございます!

口の中は虫歯や歯周病だけではなく他にも色々な病気があります。口内炎や舌痛症や薬物性歯肉肥大や口腔癌などがあります。口腔癌は色々ありまして、歯肉癌・頬粘膜癌・口蓋癌・口腔底癌・舌癌などがあります。口腔癌が命に係わる病気ですし、切除したり放射線治療などが必要になります。治療後は話したり食べたりするときに障害が出る場合もありますので定期的に歯科医院を受診して異常を早期発見することが大切になります。

そうすると、口の中にできものが出来たりちょっとしたことでも心配になりますよね(´・ω・`)特に患者さんからの質問が多いのが次の写真のような口の中にできた硬いできもののようなものです。これは何かの病気なのでしょうか・・・?

これは「骨隆起(こつりゅうき)」といいます。この骨隆起は顎の骨が過剰に発達して出来たものです。骨隆起が出来る原因はというと、強いかみ合わせの力が顎の骨に伝わり骨が過剰に発達するためだと言われています。歯ぎしりをしたり、食いしばりをしてしまう人は特に注意しましょう。

骨隆起は治療が必要なのでしょうか?

骨隆起は骨の塊です。なにかの病気でできたできものではないので、特に生活に支障がなければそのまま何もせずに放置していても問題はないそうです。ただ、もし虫歯や歯周病で歯を沢山失い入れ歯を入れなくてはいけなくなるととても苦労します。骨隆起の上に入れ歯が入ると、骨隆起と入れ歯があたってしまい痛みがでる可能性があります。このように入れ歯の装着が困難だったり、骨隆起が重度で発音しづらい、見た目が気になる、など日常生活に支障が出てしまうときは骨隆起を除去する手術を行うことも考えられます。

骨隆起の原因となる歯ぎしりや食いしばりによる顎の骨への負担を軽減させるために、マウスピースを作って使用したりする方法もあります。また、骨隆起があっても、入れ歯にならなければ入れ歯があたって使えないストレスというものはなくなるので、自分の歯を失って入れ歯を入れなくてはいけなくなる状態にならないように日ごろから予防をしましょう。

 

口の中に異常があるときは今回紹介した骨隆起という場合もありますし、もしかしたら他の病気の可能性もありますので、自分で判断せずに必ず歯科医院を受診してくださいね!!

インドアビュー