仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

スタッフブログ
2017/07/20
2017/07/19
2017/07/18
歯の豆知識
2015/05/18
2015/05/12

歯の豆知識

歯の表面はエナメル質というかたい組織でおおわれています。 そのエナメル質がうまく作られなかった歯をエナメル質形成不全といいます。 治療方法はフッ素を塗布して強化したり、プラスチック樹脂で補強したりなどがあります。

隣同士の歯がくっついて1本の歯のようになってしまったものを癒合歯といいます。 主に前歯に見られるので、後続永久歯がしっかりあるかどうか、 レントゲンを撮り確認することが重要です。

奥歯がすり減ってきている患者さんの多くに共通している症状で 歯ぎしりがあげられます。 これを予防する方法としてマウスピースの制作があげられます。 歯ぎしりの多くは夜間の就寝時におこることが多いため 就寝時につけることで奥 […]

知覚過敏の原因の一つにブラッシング時の力のかけ過ぎがあげられます。 歯ブラシを行う際の力を適度に調整し、毛先の柔らかいブラシに変更するのも 改善方法の一つです。

生えてきたばかりの永久歯はまだ成熟していないので虫歯になりやすく注意を要します。 表面がまだ未成熟のため酸にたいして抵抗力が低く、5〜8歳くらいの時期は一番虫歯になりやすいと言われています。

舌の表面が真っ黒な状態になることがあります。 これは黒毛舌と呼ばれる状態で、多くの場合、抗生物質の服用などでお口の中の細菌叢に変化(菌交代現象)があったときに起こります。

舌の上に地図のような模様が浮き出て、しかもその形が毎日変化する状態を「地図状舌」といいます。原因は不明で遺伝的なものが関与していると考えられています。

歯周病の治療や予防で一番大切なことはやはり「プラークコントロール」 細菌がつくるバイオフィルムを破壊して大きく成長させないようにすることが重要です。 日常の生活では毎日のブラッシングや食事の仕方、例えば咬む回数を増やすと […]

インドアビュー