仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

強敵バイオフィルム

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市宮城野区仙台つつじがおか歯科をいつもご利用いただきありがとうございます!

 

みなさんお家の水回りを思い浮かべて下さい。掃除をしないで放置するとどうなるでしょう?排水溝や浴槽やシャンプーの底とか花瓶の中とか・・ヌルヌルになっていませんか?

実はこれは「バイオフィルム」というものなんです。なんだか聞き慣れない言葉だと思いますが、このバイオフィルの存在は歯科の治療を受けていつまでも健康な歯で暮らしていただくためには必ず知って欲しい事なのです!!

バイオフィルムとは?

バイオフィルムとは何かといいますと、色々な細菌が手を取り合いヌルヌルした膜状のバリアを張っている状態のものです。イメージしやすいように説明しますと、「1匹では弱い細菌も仲間を集めて集団になれば強いんだぜっっ」という感じでしょうか。

そしてここからが大切です。なんとこのバイオフィルムですが、人間の口の中にもできます!「えーーーー?!!排水溝の気持ち悪いヌルヌルが口の中にも??!!」とショックを受ける患者さんが沢山います。

バイオフィルムの特徴

バイオフィルムはネバネバしてヌルヌルしています。なので歯の表面にくっついてずっといます。うがいでは流されることなくへばりついているのです。また、次々と細菌を仲間にして強いバイオフィルムを作っていくのです。

そしてバイオフィルムは抗菌薬が効きません。抗菌薬はバイオフィルムに入っていないフリーの細菌には効きますが、バイオフィルムには効かないのです。ヌルヌルでバリアしちゃってますからね。

バイオフィルムの撃退法

へばりついているし薬も効かないバイオフィルム・・どうしたらいいのでしょう?心配しなくても大丈夫です!!バイオフィルムに対抗する最も効果的な方法は、物理的にバイオフィルムの集合体を破壊すればいいのです。つまり歯磨きをしてバイオフィルムを壊せばいいのです。でも、自分でバイオフィルムを壊すのは難しいのです。歯と歯の間、歯茎の境目の溝などは自分でキレイに磨ききれないので、バイオフィルムを破壊しきれずに残っているとそこからまた細菌を仲間にして大きく強くなっていくのです。

そこで歯科衛生士の出番です。歯科医院に来れば歯科衛生士が自分で取り切れなかったバイオフィルムをキレイに取ってくれます!

うがい薬で細菌除去!!なんて宣伝がありますが、これはバイオフィルムを破壊しないと効果はないので、まずは歯磨きを頑張りましょう。うがい薬はスースーするものが多く、それだけで済ませて歯をキレイにした気になってしまいがちでとても危険です。バイオフィルム・・・まだいますよ。

バイオフィルムの危険性

バイオフィルムは虫歯や歯周病だけではなく誤嚥性肺炎など他の全身疾患の原因にもなりますので、お口と体の健康の為にも、定期的に歯科医院に来て歯科衛生士にクリーニングを受けたりブラッシングの指導を受けたり食生活などについてもアドバイスしてもらうと生活の質も高まりますよ(*^_^*)

 

 

 

インドアビュー