仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

虫歯を放置したらどうなる?

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市宮城野区仙台つつじがおか歯科をいつもご利用いただきありがとうございます!

 

気になる治療は動画でチェックしてみて下さい!!

インプラント動画
PMTC・ステインオフ動画
ホワイトニング動画
セラミック治療動画

 

今日のテーマは「虫歯を放置したらどうなるか?」です。

みなさんは歯に違和感があったらすぐに歯科医院に行きますか?歯科医院に行くきっかけは、歯が痛くなったり、欠けてしまったり大きな問題がないとなかなか行かないという方が多いかもしれません。しかし、何か問題が起きてからでは残せる歯も残せなくなってしまうことが多いんですよ。どんな結末になってしまうのか説明していきます。

初期の虫歯

初期の虫歯は痛みを感じる事がないので放置されやすいです。定期健診にしっかり通っていれば早めに発見ができ進行を遅らせる事ができます。この程度の虫歯なら歯を削って詰めなくてもクリーニングとフッ素で経過観察をすることができます。何故すぐに削らないかというと、歯は削って詰め物をすると、さらに虫歯になりやすくなってしまうからです。虫歯の原因は小さな虫歯菌なのでどんなに歯に詰め物をピッタリ入れても隙間がら虫歯菌が入り込み虫歯になりやすくなってしまうのです。一度歯の治療すると安心してしまいがちですが、実は今まで以上に気を付けないといけないんです。

ただし、ちゃんとブラッシングをしなかったり、定期的に歯科医院に通えない方は進行をとめる経過観察が難しいので、削って詰める場合もあります。このまま放置しておくと虫歯はどんどん進行してしまいますからね。

虫歯が象牙質まで進行した場合

虫歯が歯のエナメル質の下の象牙質まで進行してしまうと、歯が痛くなったり冷たいものにしみたりすることがあります。この場合は、歯を削って詰めたり、型をとって詰め物をはめ込んで修復していきます。痛みもあまりないからと言ってこの状態も放置してしまうと虫歯はどんどん進行して・・

虫歯が神経まで進行した場合

虫歯が歯の神経まで進行してしまうと眠れないほどの痛みが症状として出てくるでしょう。こんなことになるなんて・・と後悔する人も多いでしょう。こうなってしまうと虫歯を全部取り切り神経をとる処置をしていきます。炎症が強いと麻酔もなかなか効かずとても辛い治療になってしまいます。また、神経をとっただけでは治療は終わらず、数回通わないといけなくなりますし、費用もかかります。

もしも虫歯が小さいうちに歯科医院へ行っていれば1回の治療で終わり費用もそれほどかからなく、痛みも感じる事無く治療をすることが可能でした・・。

歯がボロボロになるまで放置した場合

歯が痛くても放置してそのままにしておく方もいます。歯の神経も死んで歯がボロボロになり根っこに膿を持ち痛くなることもあります。ここまで虫歯が進行してしまうと、歯を残す事が難しいケースが多いです。この歯は抜歯が必要になります。

歯を抜いてしまうと、自分の歯はもう元には戻せませんし、見た目が悪く噛んだり喋ったりもしにくくなってしまいます。そのため代わりの歯を入れていくのですが、やっぱり費用がかかります。

こんなことならもっと早く来ていればよかった・・・と後悔する人が多いです。失ってから気付くんですね。

 

このように、虫歯の進行具合は痛みと治療回数と費用に比例します。歯科医院は痛くなってから行くのではなく、痛くなる前に行くのが歯を守っていくのに大事なことです!!

インドアビュー