仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

妊娠歯科検診(当院は仙台市指定の医院でありません)

みなさんこんにちは⌣̈⃝ ♡ ⌣̈⃝ ♡
仙台つつじがおか歯科歯科衛生士熊坂です◡̈*♡.°⑅

先日友達とNHKのイベントに当たったので行ってまいりました𖠋𖠋𖠋𖠋𖠋𖠋

イベント自体はとっても楽しかったのですが、外にあったロッククライミングにどハマりしてしまい、先生にたくさん教えて頂きながら登りまくりました✌︎☺︎︎
難易度が5段階あったのですが、レベル5がクリア出来たのに延々とレベル2がクリア出来ませんでした( -᷄ω-᷅ )
とっても楽しかったですが、全身筋肉痛で辛いです。
ロッククライミングは奥が深いですね( * ॑˘ ॑* )

本日は前回に引き続き妊娠中のお口の中についてお話します。

まず妊娠中はむし歯や歯周病になりやすくなっている上に、これらの初期症状に自分からは気づきにくいものです。
つわりがある時は口の中に異物が入るのはくつうなので、つわりがおさまる4~5カ月頃に歯科健診を受けて、比較的体調の安定した妊娠中期に必要な歯科治療を済ませたいですね!

そして、妊娠時の歯科治療!
まず受診時の注意点として、歯科治療に当たっては母子健康手帳を提示して、産婦人科医から注意を受けていることは些細なことでも必ず歯科医師に伝えましょう。できるだけ楽な姿勢で治療を受け、体調や気分が悪くなった時は遠慮なく申し出ましょう。
歯科治療に際しての心配事として多いのが
★エックス線撮影の胎児への影響
歯科治療で通常用いられるエックス線の放射線量はごくわずかですし、照射部位も子宮から離れているので、お腹の赤ちゃんにはほとんど影響はありませんが、妊娠していることを伝えて防護用エプロンを着用するとさらに安心です。
★歯科治療時の麻酔の使用
通常の歯科治療に用いられる麻酔は局所麻酔で、使用量もわずかですし、局所で分解されるため、胎児には影響ありません。痛みを我慢しての治療は、母体にも胎児にもストレスになるため、安定期には適切に使用した方がよいかと思われます。
ただ、以前に歯科麻酔薬でトラブルがあったり、効きが悪く多量に使ったなどの経験がある場合は、よく歯医者さんと相談する必要があります。不安が大きければ出産後に治療を考えてもいいでしょう。
★薬物の服用
妊娠初期はできれば薬物の服用を避けたいものですが、中期以降の歯科治療で処方される薬剤は、妊娠中でも安全に使用できる薬剤が選ばれていると思います。不安、心配がある場合は、歯医者さんや薬剤師さんに質問するか、産科の主治医に相談しましょう。

当院でも妊娠中の歯科検診を行っていますが、仙台市指定の医院ではないので料金がかかってしまいますので、ご了承ください。

インドアビュー