仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

歯の健康について

こんにちは。

仙台市宮城野区仙台つつじがおか歯科の院長の脇川です。

もう少しで大型連休が始まりますが今の現状を考えると

自宅で休養をとり外出は極力控える予定でいます。

今芸能界やスポーツ界の有名人が自宅での有意義な過ごし方を

動画サイトで公開しているのを観ています。

モーニングルーティーンやナイトルーティーンを

日常の一端に取り込んでみようと思っています。

みなさんもこの時期はステイホームを心がけて

一刻も早い収束を待ちましょう。

さて今回は歯の健康の続編について話をしていこうと思います。

今、小学校をはじめ多くの教育現場では5月6日まで休校をとる形となっています。

この時期に家にいる時間が長くなるとどうしても生活が不規則になりがちです。

この不規則な生活が長期間続くことにより

虫歯や歯周病の進行が加速することにつながります。

お口の中の健康を維持するためにも

ご自宅でのセルフコントロールが重要です。

保育園や幼稚園の小児にブラッシングは

できれば仕上げ磨きをおこないフッ素入りの歯磨き粉を併用して

乳歯の再石灰化を促進させる取り組みをおねがいします。

歯と歯の間にデンタルフロスなどを併用すると

一層効果が期待できると思います。

決してダラダラ食いのような時間の間隔をつめてしまうと

一気に虫歯の進行につながるため注意してください。

小学生ブラッシングは

低学年だと上下の前歯の乳歯から永久歯への生え変わりを確認し

乳歯が動いてくるようならかかりつけ医にてレントゲン撮影を

おこない永久歯との位置関係をしらべることをおすすめします。

はえてきた永久歯はフッ素を取り込みやすいので

フッ素入りのジェルでの最後の仕上げをおねがいします。

高学年だと前歯の歯並びを確認して矯正相談や矯正治療の準備にはいったり

奥歯の乳歯の生え変わりを確認して6歳臼歯の成長を確認します。

フッ素塗布の他にシーラント填塞をおこなうことでより予防効果が高まります。

中学生からは歯肉炎がおこりやすくなるので

必ず鏡をみながらのブラッシングを習慣つけること

第二大臼歯まで永久歯の全てが萌出しているのかの確認も

同時におこないます。

出っ歯傾向および受け口傾向がでてくるようなら矯正紹介や矯正治療に

はいるのも一つの方法です。

このように保育園、小学校、中学校と段階をおうごとに

歯および歯茎には変化がみられるのでもし前述したことで

あてはまることがあればお問い合わせください。

よろしくおねがいします。

 

インドアビュー