仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

痛くないのにレントゲンを撮るのはなぜ?

みなさんこんにちは。医療法人社団青葉会事務局の庄子です。

 

 

今日の朝、テレビのニュースで気になる情報をみました。

アメリカの大学の研究チームが、「新型コロナウイルスは、口の中で直接感染する」という研究データの発表です。

今までは、目や鼻や口の中の粘膜にコロナウィルスが付着して、そこから肺などの細胞へと侵入し感染すると言われていましたが、今回の研究データの発表では「口の中(舌や歯茎やほっぺの内側など)の細胞にもコロナウイルスが直接感染して、口の中で増殖する」ということが分かったそうです。

新型コロナウィルスの症状の1つに、味覚・嗅覚の異常がありますが、このような症状がある患者さんの唾液からはウイルスが発見されやすいという傾向も発表されています。

口の中は汚れていたりするとウイルスが細胞にくっつきやすくなってしまいます。

うがいや歯を磨くことは虫歯や歯周病予防はもちろんコロナウイルス対策でもとっても大事なことです。

 

 

 

さて、今日はレントゲンのお話をします。

初めて歯科にかかるとだいたいどこの歯科医院でもレントゲン写真を撮りますよね?それに最初の1回だけではなく、久しぶりに来院した時や、定期健診の時などにも撮影する場合があります。

・・・なぜレントゲンを撮らないといけないのでしょうか?

「虫歯は歯に穴が開いていて見れば分かるんだから、レントゲンなんていらないでしょ?」と思う方もいると思いますが・・・そうもいかないのです。

今日は歯医者さんでなぜレントゲンを撮るのか?理由を説明したいと思います!!

 

レントゲンを撮る理由

口の中を見てみるとはっきりとした虫歯があれば一目見て「虫歯」と診断できます。

しかし歯と歯の間の虫歯や歯茎に覆われた中の骨や歯の根っこは外から見ただけではどうなっているか分からないのです。

痛みの原因は虫歯だけではなく、歯周病や根っこの病気や根っこが割れているとこからきているものもあるので、歯科治療ではレントゲンを撮って中の状態を確認して適切な診断をする必要があるのです。

レントゲンを撮らずに「虫歯です!」と言われて詰め物をしたのに、痛みがおさまらずレントゲンを撮ってみたら実は根っこが割れていた・・・なんてことがないようにレントゲン撮影はとっても大事なのです。

 

レントゲンで分かること

レントゲンで分かる事は沢山あります!

・虫歯

・歯周病

・あごの骨の状態

・根っこの周りの病気

・過去に行った治療の精度

・歯石

・あごの関節の状態

・神経があるのかないのか

・お子さんの永久歯があるのか?    など色々分かる事があります。

 

なので痛くなくても当院で定期的にレントゲンを撮影するのは自覚症状がない虫歯や歯周病なども事前に把握できるようにするためです。

すぐに治療しなくても、気を付ければいいことが分かれば予防できますからね。

 

レントゲンは安全?

レントゲンは撮りたいが放射線の被ばくは心配だ!という方がいます。

しかし今の歯科のレントゲンは放射線量が極めて少ないものに進化してますので安心して下さい。撮影する方には防護エプロンを着けてもらい安全に撮影しています。

でも、妊娠している方は先生と相談しましょう。基本的には問題ないと言われていますが定期健診などで来院されたときは無理しなくていいでしょう。

ただ、妊娠中でも痛みが強くて治療が必要な場合、レントゲンを撮らないと正確な診断が出来ない場合はレントゲンを撮ってしっかり治療してもらいましょう。痛みのストレスの方がレントゲンを撮ることよりもお腹の赤ちゃんに悪影響になってしまいますからね!

 

 


マイタオルのお願い

コロナの感染がどんどん増えていますね。もちろん当院でも引き続きコロナ前以上の感染対策は続けており、みなさんにも検温や手指消毒などご協力をお願いしております。

コロナ前は治療中やクリーニング中は水がはねるのでお顔にタオルをお掛けしていましたが、飛沫がついたタオルは取り扱うのに感染リスクが高いと判断したため現在は廃止しております。

しかし治療中はお顔にタオルをかけてほしい方は沢山いると思います。(私もタオルをかけてもらえると安心します)

そこでみなさんにご自身のお顔にかける「マイタオル」のご持参をお願いしております。

万が一お忘れの際は、スタッフにお声がけくださいね!(数に限りはございますが用意しております)

大変ご不便おかけしますが、みなさまのご理解とご協力をお願い致します。

 

 


 

コロナ虫歯に注意

 

コロナ禍で「虫歯」になる人が急増しているようです・・。みなさんは大丈夫でしょうか?

どうしてコロナによって虫歯が増えてしまっているのかというと・・このような原因が考えられます↓

 

お家時間が増えてお子さんがおやつを食べたり、ジュースを飲んだりする回数が増えた

→コロナ太りにも気を付けないといけないですね。

歯科医院はコロナの感染リスクが高そうなので不安で定期健診に行けていない

→歯医者さんはコロナ禍では行くのが躊躇してしまいますよね。感染対策をしっかりしている歯科医院で安全に治療や定期健診を受診しましょう。

ステイホームで人と会話をする機会が減り、唾液の分泌が減って虫歯のリスクが高くなる

→ストレスも唾液の分泌の減少の原因になってしまいます。オンラインで家族や友人と会話するのもたまにはいいかもしれないです。

マスクで口呼吸

→マスクをずっとつけていると、息苦しさからマスクの下で口呼吸をしている事が多くなっているそうです。口呼吸も唾液の分泌量が減るので、口腔内に細菌が溜まりやすくて虫歯のリスクに繋がります。

コロナの影響で虫歯にならないように注意しましょう。

 


予約をとりたくても仕事の都合などで予定が立たない方はこちらをご利用ください

治療を終えて、次の予約・・・といっても仕事の都合などで予定がたたないことはあると思います。そしてせっかく予約を入れてもキャンセルしてしまい申し訳ない・・。

そんな時はGoogle検索で当日の予約の空き状況をチェックしてみて下さい!

もしも行けそうな時間があればお電話下さいね(*^_^*)

注意:予約状況は随時変わります。治療の続きの場合は状況によって予定通りにならない場合もありあます。(例 型をとったものがまだ出来上がっていないので、最初に前歯の詰め物をする など)


求人情報

歯科医院で働くことに興味がある方はいつでもご連絡下さい。

 

 


歯磨きはインフルエンザなどのウイルス感染対策に有効だとご存知でしたか(・∀・)??日頃から丁寧な歯磨きを心がけてウイルスから体を守りましょう!!

歯は全身の健康にも深くかかわっています。歯を出して気兼ねなく笑うことやよく噛んで食事を楽しむことは免疫力アップにもなります。

歯の治療に不安がある方は治療の説明動画を是非ご覧になって下さい!言葉だけでの説明よりも分かりやすいと思います✨

インプラント動画 失った歯を補うための治療法です。

 

PMTC・ステインオフ動画 タバコのヤニなど歯に着いた頑固な汚れが気になる方へ

 

ホワイトニング動画 着色した歯を元の白さに戻します。白い歯はとても魅力的です。

 

セラミック治療動画 差し歯を天然の歯のように美しく入れられます。

インドアビュー