仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

歯ブラシの選び方

みなさん、はじめまして😊
6月中旬よりパーク歯科クリニックから異動して参りました、歯科衛生士の近藤です☘︎

❇︎自己紹介❇︎
出身:山形県です。私の地元は、冬には車が埋まるほど雪が降ります❄️
趣味:御朱印巡りや食べ歩きが好きです!
休日は家で過ごすことが多いですが、お出かけも大好きで、お寺や神社へ御朱印巡りに行ったりします⛩
おすすめの美味しいお店やお出かけスポットがあれば是非教えてください♪

皆様のお口の健康をサポートできるよう精一杯頑張ります🦷
どうぞ宜しくお願い致します。


さて今回は、歯ブラシの選び方についてお話しします。

みなさんが普段使っている歯ブラシは自分のお口に合った歯ブラシでしょうか??

なにを基準に購入していますか??

❇︎歯磨きの目的❇︎
・歯垢を除去する。
・歯茎のマッサージにより血行をよくする。
・舌の清掃により口臭を予防する。


❇︎一般的に望ましい歯ブラシの条件❇︎

⁡参照:歯科衛生士教本 歯科予防処置論・歯科保健指導論 (医歯薬出版株式会社)

①ヘッドの部分がやや小さめで薄いもの。
・小さい方が動かしやすく、細かいところまで磨くことができます。
・ヘッドが大きいと、短時間で一気に歯垢を落とすことができます。歯並びよっては、毛先が当たりにくく、歯垢が落ちにくい部分も出てきます。

②頸部が細く、長いもの。
・長い方が奥歯までしっかり届くことができます。

③手にフィットして握りやすいもの。
・把柄部は太さや曲がり具合がメーカーによってさまざまなため、自分が持ちやすいものを見つけてみましょう。

④ブラシの硬さが適しているもの。
やわらかい:毛先がやわらかい分、歯垢を落としきることが難しいです。
歯周病などにより歯茎が弱い方におすすめです。

ふつう:歯や歯茎が健康な方におすすめです。

かたい:歯や歯茎を傷つけてしまう可能性があります。
筋力の低下により手に力が入りにくい方におすすめです。


❇︎歯ブラシの正しい管理方法❇︎
・毛先を流水で綺麗に洗い流します。
・ 風通しの良い場所に保管しましょう。このとき、毛先を上にして立てかけるように置きましょう。
・持ち運ぶ際は、水気をよく気って保管しましょう。

❇︎歯ブラシの交換❇︎
歯ブラシは1ヶ月に1回の交換が目安です。
毎月1日や、自分の誕生日の日にちに交換するなどを決めてみてもいいですね!

磨く時の圧が強い方は、毛先が広がりやすいです。そうすると、汚れがしっかり落とせないため、広がった場合は新しく交換し、優しく磨くようにしてみましょう。


歯ブラシを購入する際は、大きさや硬さなど自分に合ったものを選んでみてください。

歯ブラシについて気になることがございましたら、お気軽にご相談ください♪

インドアビュー