仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

タバコと歯周病について🚬🦷

みなさんこんにちは!歯科助手の紺野です😄

 

 

最近雪が降り積もる日が増えましたね🥶歩道や道路も凍ったりと怪我や事故には皆さん気をつけてくださいねっ!

 

 

 

 

さて今回は「タバコ」についてお話していこうと思います

タバコと聞くと「タバコはだめだ!」や最近では喫煙所も減ってきたりコロナ感染予防などで閉鎖している喫煙所をよく目にします🚬

 

 

 

 

ではタバコと歯の関係性について

やはり歯医者としてはタバコはお体全体の健康やお口の健康のために、ぜひとも禁煙をお勧めしたいと思います😅

ですが、長年の習慣を急に中断するのは、難しいものです、、

今回は、禁煙の1つのきっかけとなるように、タバコと歯周病(歯槽膿漏)について解説いたします😄

 

 

 

歯槽膿漏とは

歯垢 (プラーク)中の細菌によって、歯肉に炎症が起こり、歯を支えている顎の骨が徐々に溶けてしまう病気です😱進行すると、歯がグラグラと揺れ始め、

最悪の場合、歯が抜けてしまいます。

現在、残念ながら中高年以降に歯を喪失する原因の主な原因となっています。

歯周病(歯槽膿漏)を改善するためには、もちろんお口の清掃状態の改善が基本となりますが、清掃状態の改善と併せて禁煙をおすすめします。

 

 

刺繍品(歯槽膿漏)を悪化する物質とは??

①ニコチン

タバコには、ニコチンが含まれていますが、ニコチンは免疫力を低下させるため歯周病(歯槽膿漏)の場合、歯肉の治癒する力を弱めてしまいます。

ニコチンは、歯にヤニとして蓄積するため、喫煙習慣があることで、常時ニコチンの毒素に口腔内の組織がさらされてしまうのです。

②一酸化炭素

喫煙することで、一酸化炭素が発生しますが、一酸化炭素は歯肉の組織に酸素を供給することを阻害します。

その結果、歯肉の血管が細くなり組織が線維化といって、歯周病(歯槽膿漏)の状態が悪化しやすい状態になってしまいます。

 

 

 

 

と、タバコは歯周病(歯槽膿漏)の原因とも言えますが

他にもタバコによってお口の中のトラブルがあります!!

タバコに含まれる『ヤニ』!

口腔内にヤニが蓄積することは、『口臭』にも影響を及ぼします。

歯周病(歯槽膿漏)では、硫黄臭(腐敗したような臭い)がするメチルメルカプタンという口臭成分が特徴的です。

お口のエチケットとして、コミュニケーションで不快な印象を与えないためにも、歯周病(歯槽膿漏)のリスクとなる喫煙を卒業することが大切です。

歯周病(歯槽膿漏)とタバコには、関連があることがわかっています。

歯周病(歯槽膿漏)は、お口の清掃状態を改善し、根気強く治療を継続しないと、最悪の場合、歯を喪失してしまう怖い病気です。

 

 

 

歯周病はとても症状が出にくく、歯が揺れてきたなどの症状が出た頃には重症化しています。

歯を支えている骨は特殊で溶けてしまった骨は再生するこもはありません。

痛くないから歯医者行かないのでは無く、定期的な歯石取り定期検診をおすすめします!!

では今回はタバコについてお話させて頂きました!

今年もあと数日良いお年を!

インドアビュー