仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

歯茎が下がるとどうなる?

みなさんこんにちは。医療法人社団青葉会事務局の庄子です。

 

求人情報

青葉会では教育体制が整っているので、積極性があり沢山のことを学びたい方にはぴったりの職場です。来年度向けに求人活動を開始いたしますので、興味のある方は是非見学・応募してください!

求人用のInstagramアカウントもチェックしてみてください。

@aobakai_dc

医療法人社団 青葉会 【求人】

https://www.instagram.com/aobakai_dc/

 

 

歯が・・長くなった?

 

ふと鏡で自分の歯を観察していたら「歯が・・長くなった?」と思うことはないですか?

多くの患者さんは歯科医院に来るときに色々な悩みを持って来院されます。

歯が痛い・歯茎が腫れた・被せ物が取れた・歯石を取りたい・口臭が気になる・・・など様々です。

そしてよく相談されるのが「最近歯が長くなったような気がするんです・・」という悩み。

今日は歯が長くなる原因について説明します。

 

なぜ歯が長くなるのでしょうか?

みなさんが感じる歯が長くなる現象・・これは歯茎が痩せる症状「歯肉退縮」と呼ばれるものが原因です。歯が伸びて長くなったのではなくて、歯茎が痩せて下がってきているのです。

歯肉退縮の主な原因

歯肉退縮の原因はいくつかあります。

歯周病

歯周病が原因で歯茎が痩せていきます。歯周病は簡単に説明すると、歯を支えている顎の骨が溶けてなくなる病気です。そうすると歯周病が進行することで顎の骨が減り、骨の上に乗っている歯肉も下に下がってきてしまうのです。

噛み合わせ・歯並び

歯並びが原因で部分的にうまくブラッシングできなかったり、噛み合わせの問題で一部の歯だけに無理な力が加わったりすることで、その部分の歯茎が痩せてしまうこともあります。歯ぎしり・くいしばりのクセがある方も同じように注意が必要です。

間違ったブラッシング

ブラッシングをするときに力任せにゴシゴシ磨く習慣があると、歯ブラシの圧力で歯茎が削れて下がってきてしまいます。

加齢

歯茎は年齢と共に痩せていきます(個人差はあります)「年齢と共になんだか歯茎が痩せてきたな・・」と自分で鏡を見て感じている方もいるでしょう。

 

歯肉退縮の改善方法

原因が分かったり次は改善の方法です。そのままにしておけば見た目も悪いですし、歯の根っこが露出してしまえば、歯の根元が染みますし根っこは柔らかいので歯ブラシで削れてしまい歯が折れる原因になったり、虫歯にもなりやすいです。

改善方法は歯周病治療、噛み合わせの調整、ブラッシングの見直しなどです。それでも改善できない場合や症状がひどいときは歯肉再生手術を行う場合もあります。

一番は予防することです。毎日の正しいブラッシングで歯周病予防をしましょう。定期健診にもしっかり通いましょう。そうすれば、加齢による歯肉退縮も遅らせる事は可能です。

 

 

歯茎が下がるとどうなる?

歯茎が下がると歯の根っこが露出してしまいます。歯の根っこは歯茎から出ている歯のようにエナメル質(人間の体の中で一番硬くて丈夫な組織)で覆われていません。

歯の断面図です。内側から神経→象牙質→エナメル質

歯の根っこにエナメル質がないといつことは、もしも歯茎が下がって根っこが露出すると冷たいものにしみます。

また、歯の根っこはエナメル質と比べるととても軟らかいので、むし歯になりやすかったり、歯ブラシでゴシゴシ磨いてしまうと削れて歯の根元がえぐれてきてしまいます。

歯茎が下がってしまうと見た目だけの問題ではないので、歯周病も予防していきましょう☺

 

 

 

 


マイタオルのお願い

コロナの感染がどんどん増えていますね。もちろん当院でも引き続きコロナ前以上の感染対策は続けており、みなさんにも検温や手指消毒などご協力をお願いしております。

コロナ前は治療中やクリーニング中は水がはねるのでお顔にタオルをお掛けしていましたが、飛沫がついたタオルは取り扱うのに感染リスクが高いと判断したため現在は廃止しております。

しかし治療中はお顔にタオルをかけてほしい方は沢山いると思います。(私もタオルをかけてもらえると安心します)

そこでみなさんにご自身のお顔にかける「マイタオル」のご持参をお願いしております。

万が一お忘れの際は、スタッフにお声がけくださいね!(数に限りはございますが用意しております)

大変ご不便おかけしますが、みなさまのご理解とご協力をお願い致します。

 

 


 

コロナ虫歯に注意

 

コロナ禍で「虫歯」になる人が急増しているようです・・。みなさんは大丈夫でしょうか?

どうしてコロナによって虫歯が増えてしまっているのかというと・・このような原因が考えられます↓

 

お家時間が増えてお子さんがおやつを食べたり、ジュースを飲んだりする回数が増えた

→コロナ太りにも気を付けないといけないですね。

歯科医院はコロナの感染リスクが高そうなので不安で定期健診に行けていない

→歯医者さんはコロナ禍では行くのが躊躇してしまいますよね。感染対策をしっかりしている歯科医院で安全に治療や定期健診を受診しましょう。

ステイホームで人と会話をする機会が減り、唾液の分泌が減って虫歯のリスクが高くなる

→ストレスも唾液の分泌の減少の原因になってしまいます。オンラインで家族や友人と会話するのもたまにはいいかもしれないです。

マスクで口呼吸

→マスクをずっとつけていると、息苦しさからマスクの下で口呼吸をしている事が多くなっているそうです。口呼吸も唾液の分泌量が減るので、口腔内に細菌が溜まりやすくて虫歯のリスクに繋がります。

コロナの影響で虫歯にならないように注意しましょう。

 

 


求人情報

歯科医院で働くことに興味がある方はいつでもご連絡下さい。

 

 


歯磨きはインフルエンザなどのウイルス感染対策に有効だとご存知でしたか(・∀・)??日頃から丁寧な歯磨きを心がけてウイルスから体を守りましょう!!

歯は全身の健康にも深くかかわっています。歯を出して気兼ねなく笑うことやよく噛んで食事を楽しむことは免疫力アップにもなります。

歯の治療に不安がある方は治療の説明動画を是非ご覧になって下さい!言葉だけでの説明よりも分かりやすいと思います✨

インプラント動画 失った歯を補うための治療法です。

 

PMTC・ステインオフ動画 タバコのヤニなど歯に着いた頑固な汚れが気になる方へ

 

ホワイトニング動画 着色した歯を元の白さに戻します。白い歯はとても魅力的です。

 

セラミック治療動画 差し歯を天然の歯のように美しく入れられます。

インドアビュー