仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

歯を抜く…どんな時??!

こんにちは!歯科助手の紺野です🙂

8月も終わりますが、皆さんは夏休みやお盆休みどこかへお出かけ行きましたか??🚗³₃

私は県外などにお出かけしたかったのですが、お家でゴロゴロしたり、映画見たり学生時代のお友達とかき氷を食べに行きました!!とっても美味しかったです🍧

 

昼間は気温が上がりますが朝夜は冷え込みますね🥶

服装などには気をつけて風邪ひかないように免疫を高めていきましょう💪🏻✨

さて、今回はどんな場合に歯を抜かなければ行けないのか?についてお話していこうと思います!!

歯医者になかなか行く機会もなくもしかしたらいっぱい虫歯になっていて抜かれてしまうかも😭と不安な方もいると思います

歯はなるべく残して行きたい、しかしどうしても歯の状態によっては抜かなくては行けない場合があります😢

大きく分けていくと理由は3つあります。

①残すのが限界な場合

②抜かないことによって周りに影響のある場合

③矯正治療の為

それぞれの理由により抜歯🦷になる場合があります😭

細かく説明をしていくと、、、

①残すのが限界な場合

どうしても残すのが難しく治療するのが困難だと判断された歯。


Question?

   残せない歯はどういったものか??

(1)重度の歯周病

     歯周病が進行していくと歯を支えている骨が溶けていき最後にはグラグラになって噛む力に耐えられなくなっていきます😖重度までに進行したものは残すのが難しいと判断される可能性があります。

(2)歯根の破折

      歯の根っこ部分が割れてしまうことです😞残す事で細菌感染や歯周病の進行 判断によっては抜歯が必要になります。

(3)重度の虫歯

     歯科用語ではC4(シーフォー)と読んでいます。歯全体が虫歯であったり判断により抜歯が必要になります😣


次に

抜かないことによって周りに影響のある場合

歯が生えてるメリットが少なく、また他の大切な歯に悪影響を与えている場合


Question?

   どんな歯??

(1)他の歯に悪影響を及ぼす親知らず

(2)大人の歯が生えるのを邪魔している乳歯

(3)大人の歯に悪影響を与える可能性のある乳歯

(4)変な位置に生えている歯

などは先生の判断により抜歯を勧める場合があります。

 

最後に

③矯正治療治療の為

顎の骨が小さいなどの理由で歯を並べるスペースがないため歯の本数を減らし歯を並べることがあります🦷

何個かお話しましたが、

歯を失わないためには

歯周病、虫歯への対策!!

が大切です

虫歯、歯周病は初期症状はなく気づかないうちに進行してしまいます。

痛くなってから治療してを繰り返してしまうとどんどん歯は脆くなってしまいます😢

定期検診を受けしっかりケアし予防管理することが効果的です😋

インドアビュー