仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

インプラントの施術を動画で見る事ができます

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市宮城野区仙台つつじがおか歯科をいつもご利用いただきありがとうございます!

もしも虫歯や歯周病で歯を抜かなくてはいけなくなったら・・・(>_<)?!これはとても大事件です!!「痛い歯がなくなるならもう痛みに悩まなくていいから最高!!」と思っていませんか?(私は長い間歯医者さんで働いますが・・歯を抜いてから来なくなってしまった方や、歯を抜いた後に放置しすぎてトラブルになり来院してきた患者さんは結構沢山いるな・・と感じています)なぜ歯を抜いたらそのままにしてはいけないのでしょうか?

歯を抜いた後放置するとこんな事が・・・・

まずは見た目の問題ですが、歯がなかったらかっこ悪いですよね。大体の方が気になると思います。でも奥歯を抜いた時は見えないからいいや!!と放置されやすいです。

では見た目以外にどんな問題があるのでしょうか?例えば、下の奥歯を抜いて放置してしまった場合・・・その抜いた歯と噛み合うはずの上の奥歯はスペースがある事で(噛み合わなくなって刺激を求めるような感じになり)下に伸びてきてしまうのです。また、抜いた所の隣の歯はスペースがある事で横に倒れてきたりしてしまいます。こうなると何が問題かというと・・・・咬み合わせのバランスが崩れてしまいます。

↓以前系列のおろしまち歯科医院で投稿したものをのせます。詳しく書いてあるので参考にしてみて下さい!

歯を抜いたままにするとこんな悪影響が・・

①歯が伸びる?!

歯を失ってしまうと、噛み合っていた反対の歯はその歯と噛み合うことによって受けていた刺激が受けられなくなってしまい、刺激を求めて歯は伸びてくるのです(歯が長くなるのではなく、骨に埋まっていた歯が出てくるのです)。伸びた歯は元にもどせるのか?というとそれは出来ないのです。ですので、後々抜いた所に何か歯を入れようとしても、伸びてきた歯が邪魔になってしまい治療が難しくなってしまうのです。

②歯が傾く?!

歯はお互いに力を掛け合って位置を保っています。ですので、歯を抜いてしまい放置するとその抜いた所の両隣の歯が支えが無くなってしまい、歯がない所のスペースに傾いてきてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傾いた歯を治すには矯正治療が必要になってしまいます・・。費用は数十万~百万くらいになってしまいます。

③咬み合わせがおかしくなる

もしも抜いた歯の本数が多ければ、うまく噛むことができなくなってしまいます。そうすると片方の歯で噛んでばかりになったりして、咬み合わせのバランスが崩れてしまいます。これは顎関節症にもなりやすくなってしまいます。

④見た目が悪い

前歯を抜けたままにしている人は少ないと思いますが・・やっぱり奥歯でも歯が抜けたままだとかっこ悪いですよね。歯がないと気にしてしまい、人と会話をしたり、大きく口を開けて笑ったりできなくなってしまうので、コミュニケーションを取る楽しみがなくなってしまいます。

また、歯を抜いたままにしておくと顔の輪郭が変わります。奥歯を失えば頬や顎のラインが内側によります。時間が経つと頬がこけて見えたり、顎がたるんで見えてきます。前歯だと口元にシワが寄りやすくなります。漫画なんかで見たことがありませんか?入れ歯を外したら口が梅干しみたくシワシワになっているおばあちゃん・・・。

⑤胃腸にまで悪影響が?!

歯を抜いたことで咬み合わせのバランスが崩れると、うまく咀嚼ができなくなってしまい、胃や腸に負担がかかってしまいます。また咀嚼ができないと唾液の分泌が少なくなってしまいますので、消化の妨げになります。

⑥口臭の原因にも

上手く噛めなくて唾液の分泌が不足することによって、口臭の原因にもなってしまいます。唾液は口の中をキレイにする自浄作用がありますからね。

⑦上手く発音できない

歯がないと話すときに発音が不明瞭になってしまう可能性もあります。自分の話し方を気にしてしまい、人と話さなくなってしまう方もいます。そうなったら悲しいですよね。

⑧脳が活性化されない

噛むと脳に刺激がいって脳血流量が増加し脳の活性化に繋がります。でも、歯がなくて噛めなかったり、咬み合わせが悪いと脳への刺激も減少してしまいます。噛むことはボケ防止にもつながるので、歯は長く楽しく生きるためには必要不可欠です。

 

抜いた歯を補うためには?

では、抜いてしまった歯を補うためにはどんな治療があるのでしょうか?

方法はいくつかあります。

①入れ歯・・取り外し式のもので金属の金具を両隣などの歯にかけて支える方法です。保険適用で費用も安く、歯をほとんど削ることなく歯を入れる事が可能です。ただし見た目が悪い・違和感が強い・硬いものが噛めないなどの意見が多いです。

②ブリッジ・・ブリッジは抜いた歯の両隣の歯を削って支えにし、被せ物をして歯を入れる方法です。これも保険適用で比較的費用は抑える事が可能ですし、入れ歯よりも違和感が少なく、噛む力も強くできます。ただ、取り外し式なのでちゃんと清掃しないと汚れが溜まりやすく支えの歯をダメにしやすいです。また、両隣の歯を削らないといけない&場合によってはブリッジを入れるために歯の神経を取る治療も必要になってきます。(すでに両隣の歯が虫歯になっていたり、神経がない歯だとこのリスクはあまりないのですが・・)それにブリッジは両隣の歯がないとできない治療です。失った歯が多いとブリッジでは対応できない場合があります。

③インプラント・・これは人口の根っこを顎の骨に埋め込む手術をして歯を入れる方法です。見た目も本物の歯のようにすることが出来ますし、噛んだ力も同じように強く出せます。歯を削る必要もありません。違和感もないので話すときの発音も上手くできます。治療に時間がかかってしまうのと、保険が使えない治療なので他の治療に比べて高いという欠点はありますが、満足度はかなり高い治療です。

このインプラントという方法ですが、イメージしやすいようにドクター・スタッフに協力してもらい説明動画を作製しました。とても分かりやすいので是非ご覧になって下さい(/・ω・)/

 

インドアビュー