仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

入れ歯の調整で一気に削らない理由

みなさんこんにちは。医療法人社団青葉会事務局の庄子です。

 

あけましておめでとうございます。今年もみなさんの歯の健康に役立つ情報を沢山書いていけるように日々勉強します。どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、新年なので「新しい入れ歯」のお話をしようと思います。

長く入れ歯生活をしていると、使っている入れ歯がどうしても合わなくなってしまい新しく作ったことがある方は多いと思います。

私は入れ歯を入れたことがないので分からないですが、一度作った入れ歯を新しく作り変える患者さんは沢山みてきました。一度作れば永久に使えるわけではないのです。

 

そして「新しい入れ歯」ってすごくピッタリで快適な生活ができる!!と期待してしまいますよね。そして気分も良く嬉しくなると思います。

 

・・しかし、いざ新しい入れ歯を入れてみると・・「なんだか合わないな」と思ったことはないですか?

確かに一回で調整もせずにピッタリ合う方もいますが、ほとんどの方は入れ歯の調整が必要になるのです。

たとえ最初はピッタリでも使っていると痛いところが出る場合もあります。

それに口の中はとっても敏感なので、少しの変化でも気になって違和感を感じるのです。

想像してみて欲しいのですが、新しい靴を履くと、慣れていないと靴擦れを起こしてしまいますよね。入れ歯もそれと同じような感じだと思って欲しいです。

 

そして入れ歯は慎重な調整が必要なので、何回も調整に通う必要があります。

「ちょっとずつじゃなくて一気に削って治して欲しい!!」なんて思ってしまいますが、削りすぎると入れ歯がゆるくなってしまいカパカパしてしまいます。

すこしの間通院することになってしまいますが、頑張りましょう!

 

口の中はとっても敏感です

口の中に髪の毛が入ってしまったり、何か少しでも異物が入ると「なんか変だな」って違和感を感じますよね?

口の中はとっても敏感なのでちょっとでも何か挟まっていたりすれば気付くでしょう。

では、そんな敏感な口の中に「入れ歯」をいれなくてはいけなくなったらどうでしょうか??

実際には入れ歯と上手に付き合っている方もいます。でも、多くの患者さんが「違和感があって慣れない」とか「吐きそうになる」とか「喋りずらい」とか「つけてるだけで気持ち悪い」という感想を持っていて、どうにかならないかな?と色入と考えましたが・・やっぱり慣れてもらうか、調整に通ってもらいしっくりくるまで経過を見ることしかアドバイスはできなかったです。(インプラントという他の治療法もありますが・・)

髪の毛1本でも違和感を感じる口の中に大きな入れ歯・・・とっても大変なことですよね?

もちろん歯を沢山失わなければ入れ歯になる事はないので是非とも歯のメンテナンスをみなさんには受けてもらうことを強くおすすめします。

でも、すでに総入れ歯になってしまい、入れ歯に違和感を感じている方にはこんな選択肢もあります。

それが「金属を使った入れ歯」です!!

 

みなさんがイメージする総入れ歯って絵のようなものですよね?

ピンク色のプラスチックでできているもので健康保険を使って作る事ができます。

でも、プラスチックって耐久性にあんまり優れないです。大きな力がかかればすぐにヒビが入ったり、割れてしまったりします。

その為に、分厚くつくるので口の中に入れ歯を入れた時には厚みがあって違和感を強く感じています。

それが嫌で「もっと薄くしてほしい」という患者さんからの要望も多くありますが、あんまり薄く削ってしまうとすぐに壊れてしまうので、先生も様子をみながら少しずつしか調整できません。

入れ歯の調整に回数がかかるのはこのような理由もあります。入れ歯を薄くしすぎて何回も割れて修理する方もいます。入れ歯って本当に大変です。

 

では、健康保険適用の入れ歯とは違い、金属を使った入れ歯とはどんなものでしょうか?

絵のように真ん中が金属で作られていてとても薄くなっています。プラスチックの入れ歯に比べると違和感が少なくなります。

また、それだけではなくて金属は熱を伝えやすいので、食事をする時に「あったかい」「つめたい」を感じやすくて、より食事を楽しむことが出来るようになります

。残念ながらこの金属を使った入れ歯は健康保険適用にはならないので費用はかかってしまいますが、入れ歯の違和感で悩んでいる方はこの金属を使ったものに変えてみるともしかしたら改善されるかもしれません(入れ歯は入れ歯なので、それでもやっぱり違和感がある・・という方もいます)

治療法の選択肢として参考にして下さいね。

 

 

 


マイタオルのお願い

コロナの感染がどんどん増えていますね。もちろん当院でも引き続きコロナ前以上の感染対策は続けており、みなさんにも検温や手指消毒などご協力をお願いしております。

コロナ前は治療中やクリーニング中は水がはねるのでお顔にタオルをお掛けしていましたが、飛沫がついたタオルは取り扱うのに感染リスクが高いと判断したため現在は廃止しております。

しかし治療中はお顔にタオルをかけてほしい方は沢山いると思います。(私もタオルをかけてもらえると安心します)

そこでみなさんにご自身のお顔にかける「マイタオル」のご持参をお願いしております。

万が一お忘れの際は、スタッフにお声がけくださいね!(数に限りはございますが用意しております)

大変ご不便おかけしますが、みなさまのご理解とご協力をお願い致します。

 

 


 

コロナ虫歯に注意

 

コロナ禍で「虫歯」になる人が急増しているようです・・。みなさんは大丈夫でしょうか?

どうしてコロナによって虫歯が増えてしまっているのかというと・・このような原因が考えられます↓

 

お家時間が増えてお子さんがおやつを食べたり、ジュースを飲んだりする回数が増えた

→コロナ太りにも気を付けないといけないですね。

歯科医院はコロナの感染リスクが高そうなので不安で定期健診に行けていない

→歯医者さんはコロナ禍では行くのが躊躇してしまいますよね。感染対策をしっかりしている歯科医院で安全に治療や定期健診を受診しましょう。

ステイホームで人と会話をする機会が減り、唾液の分泌が減って虫歯のリスクが高くなる

→ストレスも唾液の分泌の減少の原因になってしまいます。オンラインで家族や友人と会話するのもたまにはいいかもしれないです。

マスクで口呼吸

→マスクをずっとつけていると、息苦しさからマスクの下で口呼吸をしている事が多くなっているそうです。口呼吸も唾液の分泌量が減るので、口腔内に細菌が溜まりやすくて虫歯のリスクに繋がります。

コロナの影響で虫歯にならないように注意しましょう。

 


予約をとりたくても仕事の都合などで予定が立たない方はこちらをご利用ください

治療を終えて、次の予約・・・といっても仕事の都合などで予定がたたないことはあると思います。そしてせっかく予約を入れてもキャンセルしてしまい申し訳ない・・。

そんな時はGoogle検索で当日の予約の空き状況をチェックしてみて下さい!

もしも行けそうな時間があればお電話下さいね(*^_^*)

注意:予約状況は随時変わります。治療の続きの場合は状況によって予定通りにならない場合もありあます。(例 型をとったものがまだ出来上がっていないので、最初に前歯の詰め物をする など)


求人情報

歯科医院で働くことに興味がある方はいつでもご連絡下さい。

 

 


歯磨きはインフルエンザなどのウイルス感染対策に有効だとご存知でしたか(・∀・)??日頃から丁寧な歯磨きを心がけてウイルスから体を守りましょう!!

歯は全身の健康にも深くかかわっています。歯を出して気兼ねなく笑うことやよく噛んで食事を楽しむことは免疫力アップにもなります。

歯の治療に不安がある方は治療の説明動画を是非ご覧になって下さい!言葉だけでの説明よりも分かりやすいと思います✨

インプラント動画 失った歯を補うための治療法です。

 

PMTC・ステインオフ動画 タバコのヤニなど歯に着いた頑固な汚れが気になる方へ

 

ホワイトニング動画 着色した歯を元の白さに戻します。白い歯はとても魅力的です。

 

セラミック治療動画 差し歯を天然の歯のように美しく入れられます。

インドアビュー