仙台駅 東口 徒歩3分 代ゼミ仙台校そば

ブログ

メタルコアとファイバーコア

みなさんこんにちは!青葉会事務局の庄子です!仙台市宮城野区仙台つつじがおか歯科をいつもご利用いただきありがとうございます!

歯の神経をとる治療をしてようやく歯に被せ物ができる!!と思ったら・・・『まずは被せる前に歯に土台をたてます』と説明を受けて『え??まだ被せられないの?』と思った事はないですか??

私も歯科で働き始めた時に、土台ってなんだろう・・?と疑問に思っていました。今日は歯の土台(コア)について説明していきます!!

歯の神経をとるとどうなる?

土台のお話の前に歯の神経について説明します。歯の神経は歯の中にあり体と繋がっています。もしも虫歯が深く進行してしまうと歯の神経まで虫歯が広がり神経をとらないといけなくなります。神経をとってしまえば、痛みは感じなくなるので歯の痛みによるストレスからは解放されますが、実は神経をとった歯はその後が大事なんです。『痛みがおさまったのでこれで治療は終わり!!』なんて思っていないですか?神経をとったあとそのままにしている方・・結構います。

神経をとってしまうと、体から歯に栄養が届きません。ですので歯は例えると枯れ木やミイラみたいになってしまい欠けたり折れたり脆くなります。それに虫歯が大きかったり、神経をとるために歯を大きく削ってい場合はそのままでは見た目もかっこ悪いですし、歯として噛んだりなど機能しなくなってしまいますね。そこで基本的には被せ物を被せる処置が必要なのですが、神経をとった歯は土台となるしん棒を入れしっかり補強しないといけないのです。

土台をたてるには残った歯と根っこを整えるように削って型をとり、歯科技工士さんに土台を作ってもらいそれを歯科用のセメントで接着していきます。場合によっては歯科用のレジンという材料で築造する場合もあります。

土台にはメタルとファイバーがあります

歯にたてる土台ですが、種類があります。『メタルコア』と『ファイバーコア』です。

★メタルコア

健康保険適用で費用の面では安くすみます。ただ金属を使っているのでアレルギーの心配があったり歯茎の変色の原因になったりします。そして金属はとっても硬いのでもしもメタルコアを入れていて、何かの衝撃で歯にダメージが行くと・・・金属が歯より勝ってしまい歯の根っこにひびが入ったり折れてしまう可能性があります。歯の根っこが割れてしまえば・・残念ながらその歯は抜かなくてはいけなくなってしまうのです。

★ファイバーコア

ファイバーコアとは金属ではなくグラスファイバーを用いたものです。ですので金属アレルギーや歯ぐきの変色もないですし、セラミックの被せ物をする時は金属だと透けてしまいますが、ファイバーコアならその心配もなくとっても綺麗な仕上がりになります。ファイバーコアの良さはそれだけではなく、硬さが歯の根っこに近く、しなる性質があるので、金属のように根っこが割れてしまう可能性がだいぶ下がり根っこを守ってくれるのです。ただしこれは健康保険適用ではないので、費用はかかります。

 

ファイバーコアは見た目だけのものではなく歯の健康を守るためにも良い材料なんですね(*^-^*)みなさん参考にしてください!!

インドアビュー